03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集遺言

遺言 いごん Will

遺言とは、一般的には、形式や内容にかかわらず広く故人が自らの死後のために遺した言葉や文章のことで、「ゆいごん」と読まれることが多い。

法律上の遺言は、民法960条で規定され、死後の法律関係の最終意思とみなされ、一定の方式に従っていないものは、不成立となる。
法律用語としては「いごん」と読まれることが多い。

通常の場合、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言のいずれかの方式になる。

自筆証書遺言は、遺言者が自書した上で押印して作成するもの。こちらはいつでもどこでも書くことができ、費用もかからない。
しかし、書き方を間違えてしまうと遺言としての効力を発揮できない。また、紛失のリスクもある。相続に納得していない親族がいる場合、偽造される可能性もあり、保管時にも注意が必要である。

公正証書遺言は、遺言者が公証人に内容を伝えて、遺言書の作成と保管をしてもらうもの。自筆証書遺言と違って公証人が作成するため、遺言の効力が発揮できないという事態を避けられる。また、公証役場に保管されるため、盗難や偽造の心配もない。

秘密証書遺言は、遺言者が作成した遺言書を封印して、公証人に保管してもらうもの。公証役場に保管されるため、盗難や偽装の心配はない。内容のチェックは行われないため、不備で効力が発揮できない可能性がある。

事業承継などの対策としての遺言書作成は、公正証書遺言が推奨されることが多い。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする