03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集ホワイトナイト

ホワイトナイト ほわいとないと White Knight

ホワイトナイトとは日本語で「白馬の騎士」の意。

敵対的な買収を仕掛けられた会社に対し、友好的な買収又は合併により敵対的買収を回避するパートナーを指す。
これは買収防衛策の一つで、白馬に乗った騎士が企業を助けるといったイメージからきている。

敵対的買収者が現れた後、その買収者よりも高い価格でTOBをかける(カウンターTOB)、
もしくは友好的な相手に行う第三者割当増資や新株予約権の付与をすることなどが考えられる。

日本では下記のような事例がある。
2005年のライブドアのニッポン放送買収の事例では、当時SBIホールディングスの北尾吉孝氏がフジテレビ側のホワイトナイトとして名乗りをあげ、貸し株というスキームでフジテレビ側を救済した。
2007年には、日清食品が明星食品を、米投資ファンドのスティール・パートナーズの敵対的TOBの提案を上回る価格で買収した。

反対に敵対的買収を仕掛ける企業を「ブラック・ナイト」と称することもある。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする