03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集税理士法人

税理士法人 ぜいりしほうじん Tax accountant corporation

税理士法人とは、2名以上の税理士を社員とする特別法人のこと。

2001年の税理士法改正により、税理士事務所の法人化(税理士法人)が認められ、税理士は、独立して事務所を運営している開業税理士、会社に所属する社員税理士、それら税理士を補助する補助税理士のいずれかの区分に分類されることになった。

会社法上の合名会社に準じたもので、社員は全員出資をしており、会社の債務に対し、債権者に直接無限、連帯の責任を負っている。税理士業務および税理士業務に付随した業務を行う。
複数の税理士が組織だって税理士業務を遂行するため、企業合併や吸収に関わる大規模な業務など、個人開業の税理士では受けられない案件などを受けることができる。

M&Aにおいては、主として税務DD(デューデリジェンス)を担うプレーヤーとなる。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする