03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集M&A

M&A えむあんどえー Mergers and Acquisitions

M&Aとは、Mergers and Acquisitionsの略称で、企業の合併と買収の意。

主な手法としては、株式譲渡、事業譲渡、合併、会社分割等があり、広義の意味として資本・業務提携まで含める場合もある。何をもってM&Aの成立とするのかは、手法により異なる。

また手法により異なるメリット・デメリットがあり、M&Aを行う目的によって使い分けられている。
目的として、譲渡側は、後継者問題対策や創業者利益の獲得、エグジット、事業の選択と集中、企業再生等がある。譲受側は、既存事業の規模の拡大、新規事業の獲得、シナジー効果、人材や技術の確保等がある。

買収先企業の取締役会の合意を得た上で行われる友好的なM&Aほか、合意なく一方的にTOB(株式公開買付)などを仕掛ける敵対的なM&Aもしばしば見受けられる。

近年の日本のM&Aの傾向としては、上場会社などの大企業のみならず、中堅・中小企業同士のM&Aが急速に増えている。背景としては、経営者の高齢化にともなう後継者不足が主たる理由であり、日本政府も現代の深刻な後継者不足問題を危惧し、M&Aによる親族外継承を推奨している。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする