03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス鹿島<1812>、医薬品製造施設等設計のシンガポールInternational Facility Engineeringの持株会社を買収

鹿島は、アジア統括現地法人カジマ・オーバーシーズ・アジア社(以下KOA)を通じて、シンガポール、マレーシアなどで多くの医薬品関連施設の実績を持つ、International Facility Engineering社(インターナショナル・ファシリティ・エンジニアリング、以下IFE社)の持株会社の過半の株式を取得する売買契約を締結した。鹿島のアジア地域における企業買収は今回が初めて。

 

IFE社は、医薬品・半導体・電機などハイテク企業の生産施設を対象に、設計・EP/CM(エンジニアリング・調達/建設管理)に特化したフィービジネスを展開するエンジニアリング企業で、近年は欧米系顧客からの引合いも増加しているという。同国に加えマレーシア、中国、ミャンマーなど、周辺国でも事業を展開している。

本件買収により、鹿島は、エンジニアリング事業本部とIFE社の間で、双方の強みを活かしつつプロジェクトの上流段階を幅広くカバーできる協業体制の早期確立を目指す。また、新たなIFE社がアジア地域における生産施設エンジニアリングのトップ企業となることを目指すとともに、KOAについてもシナジー効果による経営基盤の強化・拡大を図る。

 

取得価額は非公表。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする