03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックスサントリー食品インターナショナル<2587>傘下のセレボス、食品・インスタントコーヒー事業の3子会社を米クラフト・ハインツに譲渡

サントリー食品インターナショナル株式会社は、子会社の Suntory Beverage & Food Asia Pte. Ltd.の子会社であるCerebos Pacific Limited(以下「セレボス」)において、同社の子会社で食品及びインスタントコーヒー事業を展開する3社の全株式を The Kraft Heinz Company( に譲渡することで合意し、譲渡に係る契約を締結した。

 

セレボスは、本件譲渡により、オーストラリア、ニュージーランド及びシンガポールにおける事業の最適化を図る。なお、セレボスのフレッシュコーヒー事業については、引き続きサントリー食品グループにおいて事業を展開し、事業の強化を図っていく。

 

譲渡価額は、総額で約260億円。
契約締結日は、2017年10月19日。
株式譲渡実行予定は、2018年第1四半期。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする