03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックスソフトバンク<9984>、AIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム提供の米Cybereasonに1億ドル追加出資 筆頭株主へ

ソフトバンク株式会社は、AIを活用したサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason(サイバーリーズン)」を提供する米国マサチューセッツ州の Cybereason Inc.(以下「Cybereason社」)の第三者割当増資を引き受け、ソフトバンク単独で1億米ドル(約111億4,000万円)を追加出資すると発表した。

 

ソフトバンクはCybereason社に対し、2015年に既存株主2社と合わせて総額5,900万米ドルを出資しており、今回の追加出資により筆頭株主となる予定。2016年1月にはCybereason社と合弁でサイバーリーズン・ジャパン株式会社を設立し、「Cybereason」の日本総代理店として日本市場での販売を行っている。

 

今回の追加出資により、ソフトバンクは、Cybereason社との関係を強化しサイバーセキュリティー市場での「Cybereason」の競争力強化を図るとともに、サイバーリーズン・ジャパン株式会社による国内事業の拡大を図る。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする