03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス豊田通商<8015>、ソルクシーズ<4284>と資本業務提携

株式会社ソルクシーズは、豊田通商株式会社との資本業務提携契約の締結及び豊田通商を割当先とする第三者割当による自己株式の処分を行うこととし、豊田通商との間で資本業務提携契約を締結したと発表した。

 

ソルクシーズは、金融業界向けのシステム開発を主業務とし、証券、銀行、保険、クレジットカードの各業界に対しサービスを提供しており、グループ内ではIoTソリューションの開発・販売や、自動運転関連の設計・開発支援サービスを提供する。

 

豊田通商は、トヨタグループの総合商社として、国内及び海外 90 カ国以上におよぶグローバルネットワーク有し、自動車分野に限らず資源から生活産業まで、様々な領域で事業を展開する。次世代の自動運転社会に対応するICT分野にインフラの整備や技術開発に取り組んでいる。

 

ソルクシーズのICTソリューション開発力と、豊田通商のグローバルネットワークと新規サービスの開発・構築・事業化への取り組みを融合し、シナジー効果の創出を図る。

 

本資本提携により調達する資金により、ソルクシーズは、事業戦略として推進するストック型ビジネスの強化・拡大に寄与する企業へのM&Aを推進する。IT関連企業の中でも専門性の高い技術・ノウハウに強みを有する企業、安定的な顧客基盤を有する企業を対象に、1社当たり1億円程度の規模でM&Aを実施する考え。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする