03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス日本KFCホールディングス<9873>、日本ピザハット等子会社2社を売却

日本KFCホールディングス株式会社は、連結子会社である日本ピザハット株式会社(以下、PH 社)及びフェニックス・フーズ株式会社(以下、PF 社)の株式を、エンデバー・ユナイテッド株式会社が運営するエンデバー・ユナイテッド投資事業有限責任組合が出資する特別目的会社であるエンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・シックス株式会社に譲渡することで合意し、株式譲渡契約を締結した。

ピザハット事業においては、店舗収益モデルの最適化、規模と経費バランスの見直し、売上予測精度向上による最適な店舗開発を基本戦略として事業を展開してきたが、競争の激化と環境変化への迅速な取り組みが求められていた。

兼ねてより、今後の事業展開についてピザハット事業のフランチャイザーであるピザハット・レストランツ・アジア・ピーティイー・リミテッドとも協議を行っており、ピザハット事業の運営をエンデバー社へ委ねるとの判断に至った。

 

エンデバー社は、ハンズオン型の企業価値向上に実績があり、ピザハット事業においても、スピーディーで効率的な運営体制を構築し、ピザハットブランドのポテンシャルの最大限の発揮を図る。

 

譲渡科学は非公表。
契約締結日は、2017年5月10日。
株式譲渡実行予定日は、2017年6月12日。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする