03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス住友金属鉱山<5713>、台湾の界霖科技とリードフレーム事業のグループ会社3社の売却に関する株式売買契約を締結

住友金属鉱山株式会社は、子会社である SH マテリアル株式会社を通じて保有しているリードフレーム事業を展開している Malaysian SH Precision Sdn. Bhd.(マレーシア)、Suzhou SH Precision Co.,Ltd.(中国)および SH プレシジョン株式会社(山形県)の株式を売却することとし、界霖科技股份有限公司(高雄市)との間で株式売買契約を締結した。

 

住友金属鉱山は、市場環境の悪化を受けて昨年10月にリードフレーム事業からの撤退を決定していた。
界霖科技とは昨年11月より売却の協議を重ねており、台湾、中国に経営資源を有し、同市場での事業に精通している同社へマネジメントを委ねることを正式に決定した。
住友金属鉱山は、リードフレーム事業の撤退に伴い今後成長が見込まれる環境・エネルギー・通信といった分野向けの製品供給の拡大・強化を目指し、経営資源を電池材料や LT/LN 等の結晶材料に振り向ける方針。

 

譲渡価額は非公表。
譲渡完了予定日は、2017年6月15日。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする