03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックスソフトバンク、ガンホー株の9割売却へ 730億円で

ソフトバンクグループがグループで保有するガンホー・オンライン・エンターテイメント株の約9割を売却することが明らかになった。

ガンホーが3日深夜に発表した。ソフトバンクグループから1日に売却を打診されたという。

ガンホーはTOB(株式公開買い付け)により、株式を取得する。買い付け総額は約730億円となる。

 

(2016/6/4付け 日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGD03H4F_T00C16A6000000/

 

【コメント】

ソフトバンクが持分法適用会社であるガンホーの株式を9割を手放すというニュースである。

 

ガンホーは数年前にパズドラがスマホゲーム市場を席巻したことで、

一時、時価総額が1兆円を超えるなど、異常なまでの成長を果たしたことで有名だ。

 

しかし、現在の時価総額は3,000億円超と、大幅に下落している。

そのため、ソフトバンクが放出する730億円という金額は、絶対額では大きいと感じるものの、

相対的に見ると決して高値での売却とはいない。

事実、ソフトバンクはガンホー株を取得するために1,000億円以上を費やしていることから、

むしろ損失を出している状況でもある。

 

では、なぜこのタイミングでの売却なのか。

 

考えられるのは3つだ。

①          ガンホーは、パズドラの人気が落ち着き、今後もしばらく成長はないと考えたため。

②          別の投資等の理由から、特別な資金需要が生じたため。

③          財務体質改善のため、12兆円ある巨額債務を返済するため。

 

上記3つ、もしくはそれぞれの組み合わせかもしれない。

 

ソフトバンクはアリババ株式を79億ドル(約9,000億円)で売却することも決まっており、

この意思決定も、財務体質改善の意味合いが大きいと言われている。

もしそれが本当であれば、これだけではまだ返済額は足りず、今後もさらなる資産売却が予想される。

 

そうすると、このガンホー株の売り時はいまいちだと言わざるを得ない。

そもそもゲーム事業を育てる気がなかったのであれば、

もっと早くに、売却をしかけておくべきだったのではないか。

もちろんこれは結果論に過ぎないが。

 

しかしながら、このような後手後手にも見える対応はソフトバンクらしくなく、

何か他に隠された意図があるのではないか、とも勘ぐってしまう。

 

今後のソフトバンクの動きからは視線が外せない。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする