03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス芙蓉総合リース<8424>、ドンキホーテの金融子会社を買収

芙蓉総合リース株式会社は、ドンキホーテホールディングス(HD)子会社で金融サービスを手掛けるアクリーティブ株式会社に対し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。株式の過半数を取得し、子会社とする。

 

アクリーティブは、平成 11 年5月に設立さて、金融サービスとアウトソーシングを融合させた売掛金先払いサービスによって中小企業の資金繰りを改善するサービスを展開する。平成 23 年1月以降は、ドンキHDの連結子会社である.

本件買収により、芙蓉総合リースは両社のノウハウを活用した金融サービスの拡充を目指す。アクリーティブの上場は維持し、ドンキHDはTOB終了後もアクリーティブとの資本関係を維持する方向。

 

買い付け予定数は2185万9000株(発行済み株式数の51%)。
買い取り総額は約114億円の見通し。
取得完了予定日は、2017年1月19日。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする