03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス【事業承継】 親のこころ 子のこころ

中小企経営者の悩みの種である後継者問題。

実は、後継者候補がいるのにも関わらず、うまく引き継げない場合がある。

あまり知られていないが、その原因のひとつが「親と子の会話不足」である。

 

そもそも父親と息子は、母親と娘に比べてあまり会話がないのは仕方ないのかもしれない。

しかし、その会話不足のために、貴重な機会を失っている可能性がある。

経営者として、機会損失は絶対に避けたいのではないだろうか。

 

経営者の親は子に対して、以下のように考えてはいないだろうか。

・子が頼りないので話しても仕方がない

・話して余計なプレッシャーを与えたくない

・話すと鬱陶しがられるのではないか

・聞きたくなったら子の方から聞いてくるだろう

・家で仕事の話はしない主義

 

もしひとつでも心当たりがあれば要注意である。

 

子は親の事業の行く末について、本心では気になっているものだ。

しかし、親のほうから承継について話をしてこないので

何となく聞いてはいけないと思ってしまっている。

 

このちょっとしたすれ違いが事業承継の成否を分けてしまうのだ。

 

だから、積極的に子に事業承継の話をして欲しい。

 

話をした結果、

承継の意思があることを確認できるかもしれない。

逆に、明確に承継の意思がないことが確認できるかもしれない。

 

しかし、後者を早いうちに知ることは決して悪いことではない。

その後の対策を講じやすくなるからだ。

 

そもそも事業承継は時間をかけて行うものである。

だから、子に話す時期に早すぎることはない。

 

まずは、子の大学進学や就職のタイミングで、事業承継について話すことを目標にしてみてはどうだろうか。

 

もはや事業承継は経営の一部なのである。

事業計画に「子と承継について話す」というタスクを入れて欲しい。

 

そうして親と子の会話が増えることで、後継者問題に悩む会社が少しでも減っていくことを切に願う。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする