03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス青山商事、靴修理店「ミスターミニット」買収非スーツを強化

青山商事は27日、靴修理店「ミスターミニット」を展開するミニット・アジア・パシフィックの全株式を取得し、完全子会社化すると発表した。主力のスーツ販売だけでなく、アフターサービスなどの分野にも事業を拡大する狙い。取得金額は公表していない。
(2015年11月18日付 日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXLASFL27HHF_27112015000000

ミニット・アジア・パシフィック株式会社の株式取得(完全子会社化)に関するお知らせ
http://www.aoyama-syouji.co.jp/news/release-20151127.pdf

 

【コメント】

M&Aにおける事業領域の拡大方法は二つある。既存の領域に近しい分野に進出するか、全く新しい事業に進出するかである。

多くの場合、前者の戦略を取っているのではないだろうか。今回の青山商事もこの例だろう。既存のノウハウ・商品・資産をそのまま活かすことができかつ事業領域を拡大でき、ローリスクで大きな効果を狙うことが可能だ。しかしそれは、業界環境が今後どうなっていくかにもよる。市場が縮小傾向にある業界の中でいくら周辺事業を拡大してもいずれは頭打ちしてしまう。その場合には、新たな収益の柱になりうるM&Aを行うことも重要だ。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする