03-6825-1875受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&Aトピックス第一中央汽船、民事再生法の適用を申請 負債総額は今年最大

第一中央汽船は、9月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 

第一中央汽船は、鉱石や石炭、ボーキサイトを中心に木材や穀物等の撒積貨物、鉄鋼製品、原油などを扱い、外航不定期航路部門では大手であり、世界的に船舶量が増加するなか、2008年3月期の年収入高は約1666億2700万円を計上。

 

しかし、リーマン・ショック後の受注減少、燃料費の高騰、円高の影響等で経営状態が急速に悪化し、2013年3月期の年収入高は約1292億4600万円、為替変動や燃料高に加え、保有船舶の減損損失や造船契約の解約金等の特別損失を計上したため、約323億100万円の当期純損失を計上。

 

筆頭株主の商船三井による増資や投資ファンドなど複数の支援を得て再建を進めていたが、市況の悪化や過年度の設備投資負担が経営を圧迫し、今回の措置に至った。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする