03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集提携仲介契約

提携仲介契約 ていけいちゅうかいけいやく Merger and Acquisition Intermediation agreement

提携仲介契約とは、M&AにおいてはM&Aのアドバイザーに対してM&Aに関する仲介業務を依頼する契約のこと。

M&Aは買い手にとっては自社を成長させ、売り手にとっては売却によって利益を得たり、後継者問題の解消などという目的があり、実際のM&Aの工程には様々な専門知識が必要となる。
交渉の開始から契約の締結までを効率的に行うため、アドバイザー業者と「提携仲介契約」を締結する。
この契約が結ばれた後、アドバイザー企業は売り手に対して個別の相談や資料の収集を行い、買い手に対してはノンネームと呼ばれる資料での提案や秘密保持契約の締結、具体的な資料の提出などを行う。

契約書には、業務範囲、報酬、有効期間、秘密保持、仲介者の義務・責任などが記載される。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする