03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集レーマン方式

レーマン方式 れーまんほうしき Lehmann plan

レーマン方式とは、ドイツの経営学者・レーマンの学説を応用した成果配分方式のことで、M&A仲介の成功報酬における一般的な計算方法である。
M&A取引で移動した資産の価格に対して、以下のように一定の割合を乗じて算出する。

取引金額が5億円までの部分・・・5%
取引金額が5億円を超え10億円までの部分・・・4%
取引金額が10億円を超え50億円までの部分・・・3%
取引金額が50億円を超え100億円までの部分・・・2%
取引金額が100億円を超える部分・・・1%

基準が、総資産か譲渡対価であるかによって同じレーマン方式の算出でも成功報酬額に大きな差がでてくる。
例えば、総負債10億円、純資産3億円の企業のM&Aが純資産ベースの譲渡で成立した場合、M&Aの成功報酬は以下のようになる。

総資産基準であれば(5億×5%)+((10億-5億)×4%)=4,500万円
譲渡対価基準であれば3億×5%=1500万円

このように、特に負債の大きい企業をM&Aする場合は、「譲渡対価」基準のM&Aアドバイザーを選ぶほうが報酬額が低くなる。

当社M&Aネットワークスの成功報酬は、負担の少ない「譲渡対価」基準となっております。
当社のM&A仲介手数料体系についてはこちらからどうぞ。

 

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする