03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集弁護士法人

弁護士法人 べんごしほうじん Legal Professional Corporation

弁護士法人とは、弁護士を社員として雇用する弁護士業務を行う法人のこと。

元来弁護士は、個々に事務所を構えて業務を行う、あるいは事務所を構えた弁護士に雇われる形で業務を行うものであった。しかし、法律事務が複雑多様化していく中で、次第に個人事務所あるいはその集合体という形態では対応しきれない事態も生じるようになっていた。

そこで、より質の高いサービスを国民に安定的かつ継続的に供給する為と、複雑多様化・国際化している国民の方的需要に的確に応えることを目的として、2001年弁護士法改正によって弁護士法人制度が導入された。翌2002年の4月に弁護士業務を取り扱うことができる法人として弁護士法人を設立できるようになった。

個人の弁護士は事務所を1カ所しか持てないが、法人は「主たる事務所」(本店)の他に「従たる事務所」(支店)が置くことができ、全国展開が可能となっている。

弁護士選びの観点から見ると、弁護士法人と弁護士法人でない法律事務所との違いは、弁護士法人が、弁護士業を普通の会社と同じような営利事業として地域を越えて手広く展開しようと考えているのに対し、弁護士法人でない法律事務所は、1か所の事務所でこなせる範囲の職人仕事として考えているという価値観や目的意識の差を見ることも出来る。
M&Aにおいてはデューデリジェンス(買収監査)や契約関連において対応・アドバイスをする場合がある。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする