03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集インカムアプローチ

インカムアプローチ いんかむあぷろーち Income Approach

インカムアプローチとは、企業買収における主な企業価値算定手法のひとつで、収益価値を基準とするアプローチのこと。
対象企業の将来の利益予想やキャッシュ・フロー予想に基づいて企業価値を算定する。M&Aの売却企業の企業価値算定の際によく用いられている。
代表的なものとして、「DCF法(割引キャッシュフロー法)」や「収益還元法」などがある。

収益の将来獲得能力や固有の性質を評価結果に反映させる点で理論的な方法ではあるが、事業計画などの将来的な情報について恣意性を完全に排除することは難しく、客観性が問題となる。

またインカムアプローチは会社の継続を前提とした企業価値評価である為、企業の継続性に疑義がある場合には慎重な適用が求められる。

企業価値算定手法には、インカムアプローチを含め、一般的に以下の3つのタイプがある。
■コストアプローチ:純資産価値を基準とするアプローチ
簿価純資産法、時価純資産法など
■マーケットアプローチ:類似業種や同規模企業との比較に観点を置いたアプローチ
類似会社法、市場株価法など
■インカムアプローチ:当該会社の収益性からアプローチす
DCF法(割引キャッシュフロー法)、収益還元法など

それぞれの方式にメリット・デメリットの両方がある為、実際のM&Aの現場では一つのやり方だけで企業価値を測ることはせず、各方式を組み合わせて算出することが多い。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする