03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集EBITDA倍率

EBITDA倍率 いーびっとでぃーえーばいりつ Enterprise Value/Earnings Before Interest,Taxes, Depreciation and Amortization

EV/EBITDA倍率とは、簡易買収倍率ともよばれ、企業の割安性を測る指標。
EV(企業価値)が、EBITDA(事業活動における現金収入)の何年分に相当するかを数値化したもの。純粋に何年で元がとれるかを見ることができ、株価を比較する際の尺度として用いられる。

EVは、Enterprise Valueの略で、その計算式はEV=株式時価総額+有利子負債-現預金となる。

EBITDAは、Earnings Before Interest,Taxes, Depreciation and Amortizationの略で、その計算式は
EBITDA=営業利益+減価償却費となる。

企業の買収に必要な時価総額と、買収後の純負債の返済に必要な金額を、EBITDAの何年分に相当するかを表すものであり、税率、会計制度の違いが排除されるため、株価を比較する際の尺度として用いられる。1980年代に米メディア企業が使い始めたのが起源とされている。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする