03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集EPS

EPS いーぴーえす Earnings PER Share

EPSとは、Earnings PER Shareの略称で、1株あたりの税引後当期純利益のことを指す。

当期純利益を発行済株式総数で割ることによって求めることができるため、新株を発行しない限りは、利益の上昇に伴いEPSも高い値になる。
よって、EPSの数値が高いほどその企業の収益力が高いと見ることができ、EPSの数値が低いときは企業の収益力も低いと判断することが多い。

計算式は下記の通りとなる。
EPS=当期純利益/発行済株式総数

当期純利益とは、すべての収益から法人税などを支払ったあとの純粋な企業の営業活動による利益をいう。

M&Aにおいては、株価やその他の評価がまったく同じ企業同士ということはまず無いため、EPSを株式交換比率の決定に用いる。
また、企業経営目標や基本方針にEPSの数値を組み込むこともある。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする