03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集買収監査

買収監査 ばいしゅうかんさ Due diligence

買収監査とは、M&Aにおいて買い手候補企業が、会計士や監査法人の立ち会いのもと対象会社や事業等の実態を把握するために行う企業の調査手続のこと。
英語でデュー・ディリジェンス(Due diligence)、デューデリ、DDと省略して呼ばれることもある。

買収監査の種類には、「財務」「法務」「ビジネス」「税務」「環境」「IT」などがあり、最低限行われるのが「財務DD」と「法務DD」である。

買収監査は最終譲渡契約前に行われ、それまでの情報の正確性の確認と潜在的なリスクの洗い出しをするのが目的である。また、その結果は最終契約内容に反映され、そこまでの過程で発見した問題点に応じて価格を決め、また、表明保証対象とするなどの対応をする。
問題点の解決を見極めるための確認期間が両者の間で決められることもある。

課題やリスク要因の見極めの一方で、将来におけるビジネスチャンスや顕在化していないシナジーの可能性を見出す意味合いもある。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする