03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集配当所得

配当所得 はいとうしょとく Dividend Income

配当所得とは、所得税における課税所得の区分の一つで、株主が法人から受ける配当に係る所得をいう。
厳密には、下記の配当に係る所得が含まれる。

  • 法人から受ける剰余金の配当や分配、利益の配当
  • 公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託以外の投資信託の収益の分配
  • 投資信託及び特定目的信託の収益の分配

配当所得は、利子所得、不動産所得と同様、資産性所得の一つである。

配当所得の金額は、収入金額(源泉徴収される前の金額)から株式などを取得するための借入金の利子を差し引いたもので、会社清算に伴う株主への配当もこれに該当する。

原則として、配当所得は確定申告の対象だが、「確定申告不要制度」を選択も可能。

また、一定税率で分離課税される譲渡所得と異なり、原則は累進税率による総合課税となる。上場株式等の配当所得の場合は、総合課税の他、確定申告する上場株式等の配当所得の全額について行う申告分離課税を選択可能である。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする