03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集みなし配当

みなし配当 みなしはいとう Deemed Dividends

みなし配当とは、会計法上の配当ではなくても、税法上配当であるとみなされ課税関係が生じるものをいう。「みなす配当」とも呼ばれる。
未上場会社の自己株式の取得減資、利益積立金の資本組み入れや組織再編等により株主が金銭等の交付を受けた場合等に発生することがある。

一定の条件に該当すると、会社の内部に留保されていた利益の払い戻しと考えられる部分について、正規の配当金と同様にみなされて、配当金としての課税が行われることとなる。

みなし配当の規定が適用されるのは、一定の事由により法人が株式等の売却を、その発行した法人に売却した場合に限られる。
特に合併によって株式の売却がおこなわれた場合に多いのが特徴。
但し全ての合併において、みなし配当の規定が適用されるものでは無く、適格合併を行った場合は金銭の交付が行われないため適用されない。また、分割型分割を原因とした株式の売却が行われた場合も、適格分割型分割を行った場合はみなし配当は適用されない。

また、全ての法人から受けるものに対して適用されるものでは無く、公益法人等から受け取る配当や人格のない社団等から受ける配当についてはみなし配当の適用規定は無い。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする