03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集DIP

DIP でぃーあいぴー Debtor in Possession

DIPとは、Debtor in Possession(デター・イン・ポゼッション)の略で、占有を継続する債務者の意。旧経営陣が残って再建を行っている企業を指す。

具体的には、民事再生法等の倒産手続きを行いながらも、旧経営陣に経営が任されているような企業である。このような企業に短期融資を行うことを、DIPファイナンスという。

DIPファイナンスは、再建企業に安定的に資金を供給することで、対外的な信用力を向上させ、再建計画の円滑な履行を可能とするのが目的。
基本的には、再建企業の事業から生まれる利益などから返済を受けることを前提とする。そのため、財務状況、損益状況、資金繰り、再生計画等についての事前調査や、事後のモニタリングが必要となる。

日本では、国によるDIPファイナンスへのサポートがない為、不良債権を持つリスクを負いたくない金融機関は融資に消極的であった。そのため、取り扱いは主に日本政策投資銀行など政府系金融機関が中心となっていたが、近年、民間金融機関の中にも取り組みがみられる。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする