03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集コストアプローチ

コストアプローチ こすとあぷろーち Cost Approach

コストアプローチとは、企業買収における主たる企業価値算定手法のひとつで、純資産価値を基準とした評価手法。

コストアプローチには、帳簿価額に基づいた「簿価純資産法」と時価を用いる「修正純資産法(時価純資産法)」がある。

■簿価純資産法は、「帳簿資産合計」を企業価値とするもの。
含み益や含み損が存在する場合は実態からかけ離れた価格となる可能性があり、一般的にはほとんど使用されない。
■時価純資産法では、時価資産合計から買掛金や支払手形などの営業債務を差し引いたものを企業価値とし、そこから有利子負債を差し引いたものを株式価値とする。

M&Aの世界では、企業の持つすべての資産と負債を時価で再度評価しなおすことになる。

特徴として、帳簿上のデータに基づくため客観性は期待できるが、一時点での純資産に基づく評価であることや、のれんなど無形資産が適正に計上されていない場合には、将来の収益能力の反映や市場での取引環境の反映は難しい。
したがって、評価対象において、こうした無形資産や知的財産等、貸借対照表に計上されない企業価値が源泉の大半である場合、超過収益力などの価値評価を反映させやすいインカムアプローチなどの評価手法を検討すべきと考えられる。
中小企業の企業価値の算定によく使われる簡便的な評価方法として 、コストアプローチを応用した「簿価純資産or時価純資産額+ 営業権」という方法で算定することがる。

企業価値算定手法には、一般的に以下の3つのタイプがあり、それぞれメリット、デメリットを有する。

■コストアプローチ(純資産価値を基準とするアプローチ)
簿価純資産法、時価純資産法など
■マーケットアプローチ(類似業種や同規模企業との比較に観点を置いたアプローチ)
類似会社法、市場株価法など
■インカムアプローチ(当該会社の収益性からアプローチ)
DCF法(割引キャッシュフロー法)、収益還元法など

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする