03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集会社更生法

会社更生法 かいしゃこうせいほう Corporate Reorganization Act

会社更生法とは、株式会社の形態をとる企業が、経済的に窮況にあるが再建の見込みのある場合、裁判所の手にゆだね事業を継続しつつ再建を図るためにつくられた法律。

破産法が、企業の清算を目的とするのに対し、会社更生法は、企業の解体,清算による社会的損失を防ぐため、企業の再建を目的とする。

会社(あるいは大株主、大口債権者)から裁判所に申請がなされると、裁判所は、財産保全命令を出す。
再建のための計画や、計画を遂行する管財人を選任し、管財人はその権限において債権者や株主などの利害調整を行いつつ再建を進める。
再建が軌道に乗り、更生手続きが終了すれば、会社の経営は取締役の手に戻る。

逆に再建の見込みがない場合は破産手続き等に移行される。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする