03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

事業理念100年続く100憶企業を目指してM&Aを当たり前に

M&Aを企業が当たり前に実行できる世の中を作り、100年続く100億企業を一つでも多く創造していくこと。それが、私たちの事業理念です。

2つの崖

我が国において、100年続く企業、時価総額100億円の企業が企業全体に占める割合はごく僅かです。

100年企業0.1

100年以上存続している企業は約2万7千社(※1)と 言われており、これは我が国における企業全体 (※2)の0.1%であります。

※1 出所:帝国データバンク ※2 休眠会社を除く企業数は約250万社

100億企業0.1

時価総額が100億円を超えている企業は、我が国 における企業全体の0.1%(※3)であります。

※3 出所:国税庁

そもそも、なぜ企業の成長は停滞してしまうのか、それは端的にいえば経営資源(リソース)の不足が原因である というケースが多いといえます。

経営資源とは、いわゆる「ヒト、モノ、カネ、情報」に集約されますが、特に中小企業ではこれらの経営資源が十 分に揃っていることは極めて稀です。「組織は人なり」とも言われるように特にヒトの部分のリソースが極めて重 要であることは言うまでもありませんが、少子高齢化に伴い、労働人口の減少は免れることができず、決して簡単 に解決できる問題でもないのです。

組織を束ね、未来を描くリーダーとしての経営人材、またその組織を前に進めていくメンバー。
当たり前ではあるものの簡単には補填することのできないリソースを、どのように拡充していくのか。
経営にとってこれほど重要な課題はありません。

また、仮に今現在事業が成長途上にあり、多くの利益と雇用を生み出しているような優良企業であっても、その経営を次世代に引き継いでいかない限り、永続的な発展は望めません。これは後継者不在の事業承継問題として、我が国にとって非常に深刻な課題として顕在化しております。

  • M&A≠会社の身売り
  • M&A=経営資源の拡充

「経営資源の拡充」、それがM&Aの本質であり、あるべき姿だと我々は思っています。

事業の譲渡側にとっても譲受側にとっても、それぞれの経営資源を補い合う事によって、事業をより持続、成長させていくことができるのだと考えております。身売りするというようなネガティブなものでは決して無いのです。

このようなM&Aが中小企業を中心に当たり前となるよう、我々は最大限のご支援をさせていただきます。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする