03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集ブリッジローン

ブリッジローン ぶりっじろーん Bridging loan

ブリッジローンとは、調達に時間がかかる際に、一時的に当座の資金をつなぐための融資であり、つなぎ融資と呼ばれる。

資金調達の目途はたっているものの、調達するまでに時間がかかり、必要とする日に間に合わない場合に組む短期融資のことで、通常利用できる融資よりも金利が高めに設定されることが多い。

一般に、大型融資を受けるまでや、債権回収までといった一定の条件下で利用される。しかし例外的に、長期的に資金確保が困難なケースでも、金融市場の波乱要因になる場合や債務者が公的機能を担っている場合には、政府保証付きでブリッジローンが実行されることもある。
日本では2010年に経営破綻した日本航空に対して、国民生活へ影響が大きいとの理由で、政府保証付きのつなぎ融資が実行された例がある。

M&Aにおいては、ファンドが手許現預金が厚い会社を買収する際には、事業価値以外に多額の資金が必要になるため、SPC(特別目的会社)と共に利用することが多い。
買収完了後、つまりSPCと買収対象会社の合併後に返済する。

ブリッジファイナンスともいう。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする