03-6826-6000受付時間9:00~18:00〔平日〕

M&A用語集買収

買収 ばいしゅう Acquisition

買収とは、買収元企業が、買収先企業を支配する目的で、買収先企業の株式の半分以上を、現金または株式交換により取得したり、特定の事業部門を買い取ったりすることをいう。事業譲渡や会社分割なども買収とよばれる。

発行済み株式数の2分の1超を獲得すると、取締役選任等の普通決議を単独で成立させられ、3分の2超を獲得すると、合併・事業譲渡・組織再編等の重要事項に関する特別決議を単独で成立させることができる。

既にその事業分野で実績のある企業の買収は、自社で新規に事業を立ち上げたり強化するのに比べ、時間の節約につながる可能性が高い。

なお、買収には、友好的買収と敵対的買収がある。
友好的買収が、買収者と買収される会社の経営陣との合意に基づくものであるのに対し、
敵対的買収は、買収者が対象会社の意に反する形で、株式を買い集め買収を行おうとするものであるが、買収防衛策の発動などによって阻止されることが多い。
日本で行われるM&Aのほとんどが友好的買収である。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様にM&Aネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

秘密厳守まずは無料相談 資料をダウンロードする